リノベーション済み住宅の選び方とは?

マイホームに求めるもの

新築から中古へ

同じ意味で使っている人も多い「リフォーム」と「リノベーション」の違いを説明します。
それを踏まえてリノベーション済み住宅の選び方見ていきましょう。

「リフォーム」は、老朽化した建物に対して改修工事を行い、買った時の新築状態に戻す事です。
築30年経った家は、キッチンや水回り、壁紙なども破損や汚れが目立ってきます。
そこで、キッチンをシステムキッチンにしたり、ユニットバスの入れ替えなど、破損した箇所だけ取り替えて改修する小規模な工事がリフォームに当たります。
その他に、賃貸マンションは入居者が出た時には、入居者が入る前の状態に戻す事にも当たります。

一方の「リノベーション」は、間取を変えたり、新築の状態から手を加え、新たな機能を増やす事です。
買った当時には無かった最新機器の投入や、現代の住環境に合わせた新スタイルの大規模工事に当たります。
そして、自分で好きなように間取りやデザインを変えることで、新築よりも安価に理想を実現する確かな方法です。

リノベーション済み物件は、販売業者が手頃な価格で大規模工事をしたもので、一般の人が同じリノベーションをするよりも、安価におさえられています。
お金と時間を節約したい人には、リノベーション済み物件がお勧めですし、家造りを楽しみたい人には、自分でデザインや使い勝手を考えて理想的な住宅になるように決める事が良いと思います。
また、築年数が経っている住宅を工事する場合もあるので、耐震の問題に注意が必要です。


ページの
先頭へ