マイホームに求めるもの

リフォームとリノベーションの違い

リノベーション物件の魅力

リノベーション物件の魅力は、「新築よりも値段が安い」、「デザインに優れている物件が多い」、「すぐに住むことができる」ことです。
一つずつ魅力を見ていきましょう。

新築よりも値段が安い物件とは、場所にもよりますが、新築の2割から4割程度値引きした額で購入できます。
相場を知っている不動産業者が、手頃な価格で購入してリノベーションしているので、自分で中古物件を購入して直すよりも安く上がります。

デザインに優れている物件とは、綺麗さだけではなくデザインを重視されている物件が多いです。
また、類似したデザインが無いので、世界に一つだけの物件に住めます。

通常、中古物件を購入してからリノベーションする場合は、工事期間が1ヶ月から2ヶ月はかかります。
それに対して、すでにリノベーションが済んでいる物件の場合、契約後にすぐに住むことができる魅力があります。

リノベーション物件の確認

実際にリノベーション済み物件を購入して、住むにあたって確認しておくことがあります。

まず、リノベーションをして、どこが変わったのかを確認しましょう。
ただ「リノベーション済み」と書いてある物件でも、実際はリフォーム程度しか工事していないケースもあります。
特に重要なのが水回りです。
キッチンやトイレ、バスルームなどは、きちんと変えたのか確認が必要です。
それと、実際に水が出るか水漏れがないかなども確認しておきましょう。
その他にも、床や壁の張替え時にカビなどが発生していなかったかなども聞いておくと良いです。
住み始めてから白アリやカビが沸く事もあり、失敗する例もありますので、工事履歴は見せてもらいましょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ