マイホームに求めるもの

リノベーションにかかる費用は?

3つのポイントを押さえておく!

一つ目が、物件を購入時に掛かる費用です。
持ち家があれば物件を買う必要はありませんが、持っていない人には必ず掛かる費用です。
その中でも必要な費用が二つあり、物件の購入費用と諸費用があります。
諸費用とは、土地の登録料や仲介手数料などがあります。

二つ目が、リノベーションに掛かる費用です。
元に建っていた家をすべて解体して、間取り、内装、設備を自由に変える大規模な工事から、外観や共有部分のみの小規模工事があります。
大規模な工事では、1000万円ぐらいが目安となっています。
小規模な工事費用は500万円ぐらいが目安です。
どこまで手を入れるかによっても費用は変わってきますが、水回りの工事費用が高くなっています。

三つ目が、住居後に掛かる費用です。
引っ越しした際に掛かる費用もありますし、管理費や固定資産税などもあります。

この三つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

理想に合った物件選び

リノベーション済み住宅の選び方は、自分の理想の住宅の形に近い事が、選ぶ時に重要です。
それを踏まえて、リノベーションでどこまで変えたか、リノベーションして住みやすくなったか、リノベーションしていない部分は問題ないかをチェックすることが大事です。
購入する時に資産価値を確認し、専門家に検査してもらう事をお勧めします。
住まいを探していく中で、費用をかけて新築にするか、費用をおさえて中古にするか悩む人も多いと思います。
最近では、新築よりも安価に新築と同様の新しい住まいがほしい人に向いている住宅も増えているので、新築の購入を検討している人も、中古の購入を検討している人も、リノベーション済み物件を検討してみても良いのではないでしょうか。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ